仕事につながるハウスクリーニング資格

MENU

仕事につながる資格

 

ハウスクリーニングの仕事について、ご存知の方も多いことでしょう。ハウスクリーニングは忙しくて掃除を本格的に行えない方の家庭の大掃除を代行するサービスや、新築物件の内装を掃除したり、リフォーム後にどうしても出てしまうホコリや木の切りくずなどを丁寧に掃除する作業を行なっています。また、不動産会社と契約すれば、アパートやマンションなどの公共部分の定期的な清掃などの業務を行うことができます。

 

ハウスクリーニングの仕事は、顧客を見つける営業の能力があれば、個人事業主として高収入を得ることも可能です。他の職人などと比べて道具の量も多くなく、始めやすい仕事と言えるでしょう。掃除が好きで、何時間でも掃除を続けられるという方や、汚れが落ちるところを見るのが好き、という方はハウスクリーニングに関わる資格を取得し、プロとして働いてみるのはいかがでしょうか。

 

ハウスクリーニング資格とは

ハウスクリーニングに関わる資格はいくつかあります。1つめは日本生活環境支援協会認定の「ハウスクリーニングアドバイザー」です。掃除のスペシャリストとして道具の選び方や掃除方法などについて習熟している証しとなります。また、プロの視点から掃除に関わるアドバイスを行うことも可能です。2つめは、日本インストラクター協会認定の「クリーニングインストラクター」です。掃除に関する知識を有しており、技術と知識を活かして掃除ができる人の証明となります。

 

また、インストラクターとして講義を開いたり、顧客に掃除方法を教えることもできます。3つめは一般財団法人日本掃除能力検定協会の掃除検定です。1から5級の5段階に分かれており、掃除スキルを証明する資格です。この他にも、国家資格のハウスクリーニング技能士などがありますが、技能試験もあり、実技経験を積んでから受験する方が望ましいでしょう。

 

持っていた方が良い資格

資格取得の目的が、プロとして開業し仕事をするということであれば、「ハウスクリーニングアドバイザー」と「ハウスクリーニングインストラクター」の2つを取得することが望ましいでしょう。アドバイザーの資格があることで、技術と知識の証明になり、仕事を探すのが容易になるでしょう。

 

また、インストラクターの資格があることで、家庭に赴いて技能を教授することも可能になり、仕事の幅が広がります。2つの資格を取得していることで信頼感が高まり、単価も高く設定することが可能になります。

 

資格取得のために

2つの資格を取得すると考えるとハードルが高く感じられますが、初心者からでも2つの資格取得を目指せる通信講座があります。「諒設計アーキテクトラーニング」の「ハウスクリーニングW資格講座」です。ハウスクリーニングのプロを目指している方に向けられた資格講座で、最短2ヶ月、通常で6ヶ月で資格取得を目指せる講座になっています。通信講座は他にもたくさんありますが、口コミ評価が非常に高く、満足した通信講座1位にも選ばれている「諒設計アーキテクトラーニング」での受講がオススメです。

 

すでに20,000人以上が受講しており、回数無制限で質問にも丁寧に対応してくれます。対応資格の指定講座にも認められているので、試験免除のスペシャル講座も選択することが可能です。無料で資料請求ができますので、プロとして開業したいという方は検討してみることをオススメします。

 

 

 

関連ページ

毎日のコーヒーをより深く楽しめるカフェ・コーヒー資格
コーヒーを毎日飲んでいるという方はとても多くなっています。コンビニで挽きたてのコーヒーが飲めるようになって身近に安く楽しめるようになったことも一因かもしれません。また、コーヒーの健康効果にも注目が集まっています。アメリカのハーバード公衆衛生大学院の行った大規模な調査で、20万人以上の医療関係者を対象とし30年以上の期間をかけて行われ、調査の間に約32,000人が死亡しました。
生活が華やぐフラワーアレンジメント資格
花がある部屋に暮らしていると生活も華やぐ気がしますね。実は、花の色と香りは人間のメンタルに実際に影響を及ぼすようです。赤い花はやる気や意欲を促し、ピンクの花はリラックス効果と美容促進効果があるそうです。また、ブルーやホワイトの花は落ち着いたり、気持ちをリセットし冷静になるために役立つそうです。また、ローズの香りは美肌効果があるそうです。
ワイン通になれる資格
ワインを語れる大人は上品で高貴な印象がありますね。レストランや友人の家でワインが出た時に味を正しく褒められたり、自分の家で提供する時に味を解説したりできると、周りとは一味違った魅力や気品を醸し出せるに違いありません。ワインについての様々な知識学び、それを証明する資格を取るなら、あなたもそのような大人の魅力を身につけられることでしょう。
園芸のプロになるガーデニングアドバイザー資格
ガーデニングアドバイザーとは、植物の知識と、庭を構成する土壌やエクステリア素材、給排水設備など様々な要素についての知識を持ち、設計や製図の技能を用いて依頼主の理想の「庭」を創り上げていく技術者です。環境に対する意識が各地で高まっており、生活に緑を取り入れることや、庭を自分らしくデザインして住みやすい家にしたいという要望が高まっています。